FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.26 (Sun)

ボランティア 小名浜の海に希望が見えるか!02

前回の記事はこちら↓
ボランティア 小名浜の海に希望が見えるか!01

細い溝に溜まった、海の底から打ち上げられた土砂を掻き出し
土嚢袋に詰めて、一カ所に運ぶ。
単純な作業ですが、水分を含んだ土砂はなかなかに重く
数分もしないうちに体中から汗が噴き出してきます。

キャップのつばからは、とめどなく汗がしたたり落ち
さほど気温は高くないはずなのに、海辺特有の湿気のせいか・・・。
とにかく大量の汗と曇るゴーグルやメガネに悩まされます。

作業をこなしながら、頭の中ではあらゆる方向から得た視覚情報により
体とは全く関係なく思考が回転しまくっているのが自分でもよくわかります。

この現場に来る途中にあった家。
窓の外に誂えられた飾り格子には、大量の紙きれがひっかかっていました。
よく見るとそれは、本や雑誌のものと思われます。

いっきに流れてきた海水は部屋の中を打ち抜く状態で入り込み
部屋の荷物を外に押し出し、道路方向に突き抜けて行ったようです。
飾り格子がくしの役割になり、紙などが引っかかったようです。

また、並んでいる家屋を見ても
1軒はさほど被害がないのに、その隣の家はめちゃくちゃな状態になっています。
どうやら津波が運んで来た瓦礫により、家屋が破壊されたようですが
その力はストレート。つまり直線的な力で家屋を襲ったようです。

そうでなければ、隣の家との被害状況にここまで差が出ないでしょう。
もしこの当時、人がそこに居たらと考えると恐ろしくなります。

驚いたのは、作業が終了し駐車している車に戻るとき
遠くに見える体育館のような建物の真ん中に
横一直線の模様が、実はヒビだったと気がついたことです。

よく見ると、建物自体がヒビを境に上下の形がいびつに変形しており
ちょうど臼のような状態になってしまっています。
正直、ぞっとしましたね・・・。

家屋の密集する地帯も、人が住んでいるのかと思いきや
実は逃げ出したままの状態になっているところも点々とあります。
家屋があるのに、人通りが少ない。
田舎の方ではよくある光景ですが、どうやら同等のものではないようです。

なんというか・・・。人の息吹があまり感じられない
というのが正直な印象です。
3.11から時が止まっているのか、自分の勝手な想像なのか・・・。

重い・・空気が重いな。



作業を終えて、近くのお風呂屋さんに汗を流しに向かいました。
小名浜の街から少し外れたこの場所は、もう別次元で回っている世界で
先ほどまで見ていた光景とのギャップがありすぎて、正直
違和感さえ感じると、友人も言っていました。

第一原発を越え、さらに北へ行けば
いまだに瓦礫が手つかずの状態で100日を迎えた街が確かに存在している。
ここへ来る前より、一層リアルに感じる皮膚感というものを知ることとなりました。

復興というものは、街と政府が手を握り、夢を持って将来の街作りを構想していく。
その考えに異論はありません。しかし・・・。
今必要なのは、やはり復旧であり人手であり、特定地域の非難および放射能汚染の収束であるのは
誰の目から見ても明らかなものです。

100日以上たって、いまだに早期救済が求められている状態が続いていることが問題であり
政府・行政の大なたがふるわれなければどうにもならない事態に対し
ボランティアができる行為には限界がありすぎます。

今回、現場の工場の方から少しだけ話を伺うことができましたが
いまだ行政の方から、正式な復興・復旧説明はされていないとのこと。
この工場でも何人かの仲間の方が津波で亡くなられたそうですが、それでも自分達で
なんとか復旧にむけて動いていかなかればと、
ぐいっと強く引き締めた口元に、はかり知れない悲しみを見た気がします・・・。

 人気ブログランキングへ←な、長いね・・・。
スポンサーサイト
16:55  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

親方、ご苦労様でした。
被災地の現状は、私達が想像する以上にまだまだ厳しい状態なんですね。

東京には既にこの震災を「忘れてしまった」人が多いとFBでも聞きました。
今後の被災者の方々の生活はどうなるのでしょうか?
被災者が犠牲者にならいよう、日本全体で支援を続けていかないといけないと思いますが、事実、日本に住む人々の感情はどうなのでしょうか??

私も遠いオランダから出来るだけ長期に渡る支援をしたいと願っております。


大橋江里子 |  2011.06.27(月) 00:42 | URL |  【編集】

お疲れ様でした・・・。
「支援」について、ここ数日物凄く深く考えています。
一言「支援」と言っても、物凄いセンシティヴな問題で・・・。
考えている事が、なかなか上手く言葉にならないのでそのうち記事にします。
ゆっくり休んでくださいね。
ももくそ |  2011.06.27(月) 15:31 | URL |  【編集】

お疲れ様でした。

うまくお伝えする言葉がみつからないので、しばらく考えたいと思います・・・

それにしても、西にいる私は、報道か人づてにしか状況がつかめないので、なんとも変な感じがします。
ホームたる東の状況がわからないなんて…という感じです。
明悦 |  2011.06.27(月) 19:58 | URL |  【編集】

お疲れ様でした。

その、空気感でしか、分らない事が、あるということですね。遠い異国の出来事ではなかったと、いうことですよね。
本当に、お疲れ様でした。

ひとりの日本人、あるいは、世界人として、
忘却の拒否から、誓いたいと思います。
mimizukukun |  2011.06.27(月) 21:09 | URL |  【編集】

大橋さん、ようこそいらっしゃいませ~。

毎度のコメント、ありがとうございます。

自然災害がもたらしたものは、一瞬の破壊力なのだなと思いました。
しかしながら、じわじわと襲ってくるのは悲しいかな
人災であります。

この三ヵ月間、あらゆる情報ソースと通信網にアンテナをはり
見えてきたことは、メディアの誤報と政府・東電の虚偽です。
これはほとんどの人が感じていることでしょう。

また逆に、この震災を境に『脱原発』が単なるムーブメントに成り下がってしまうのでは?
という心配もあります。

>今後の被災者の方々の生活はどうなるのでしょうか?

この部分でボランティアができる限界が生じてきます。
政府野党でさえ、法案成立に協力はできますが成立した法案を実際に
執行できるのは政権与党であり行政です。

大きな道筋をつけてくれなければ、なにもできないし根本的な部分を守れない
進めないというのが現実です。色んな所で悔しいと思っている方が多いですね。

おっしゃるとおり、最大の懸念がせっかく助かった命がさらに危険にさらされるということです。
ただ、色んな方や団体がこの危険性に気が付いて様々なプロジェクトが起きています。
しかしながら、どうしても運営資金が最大のネックのようです。

義援金の一部が、こうした団体にもすばやくまわるといいですね。
オランダからの支援、情報、活動は本当に意義があることだとおもいますよ!
福島の子ども達が、あの馬にふれられる事ができるのなら
どれだけ癒されることか。
親方あやかし堂 |  2011.06.27(月) 22:43 | URL |  【編集】

ももくそさん、らっしゃいませ~!

毎度のコメント、ありがとうございやす~!

や、そんなにね、たいした作業ではなかったのですよ。
どっちかってーと、行くまでが大変なのですね・・・。

>一言「支援」と言っても、物凄いセンシティヴな問題で・・・。

うん・・。ほんと難しく繊細なものかと。
なかなか上手く言葉にできないあっしは、『体をうごかしてみた方が自分らしい』
という結論に達しました。

人、それぞれですよね、支援の方法は。
もちろん頭をぐんぐんに使っていただかないといけない支援もほんっとに
多いのですから!そこは大いにお願いしたいところです。

>ゆっくり休んでくださいね。
・・・ありがとうございます。ほんとももさん、
こんど一杯、やりましょうね。あっしが肉、焼いたげますから!

あっしがこのブログや情報発信で、自分の方向性が間違いなかった!よかった!って思えた時に
乾杯の輪に入っていて欲しい方なのですから。
親方あやかし堂 |  2011.06.27(月) 23:06 | URL |  【編集】

明悦さん、らっしゃいまし~毎度です!

毎度のコメント、ありがとうございます~。

みんなね、その・・なんていうんでしょうね。
自分なりの現実にぶち当たったときに、そうなるんじゃないんでしょうかね。

言葉がね、出てこなくなるんです。ほんと。
明悦さんの感覚は、リアルなものだと思われます。

それでも、一人ひとりが真剣に考えてみる。
これだけでもいいんですよ。そこから何かが生まれる可能性があるのだから。
絵もそうですよね?描かなければ、

なにも生まれない。
親方あやかし堂 |  2011.06.27(月) 23:15 | URL |  【編集】

mimizukukunさん、らっしゃいまし~毎度でござーます!

毎度のコメント、ありがとうございます~。

空気感!それです!
そうか~~空気感か。

異国ではないのですが、やはり時空間がひんまがってしまっている・・
という感覚でしょうか。

明らかにこっから被災地!という線引きは悲しいかなあるのですよ。
『同じ日本だろ!』と怒鳴る奴がいたらあっしは言いたい。

ボランティアしても、帰る家があるだろ、おまえにはと。

被災地では、それがないんです。
その立場にならなきゃわからんことが、くさるほどある・・・・。
親方あやかし堂 |  2011.06.28(火) 00:40 | URL |  【編集】

16:05のコメット様

衝撃・・・、まさにそうでしたね。

あっしはこの長いあいだ、なにを情報として
ジタバタしていたのだろうと思います。

現地へ行ってこいと。
さっさと目にしてこいと、三ヵ月前の自分に
言いたいです・・・。

ただね、内陸も河岸部も関係ないとおもいます。
地震を経験したのは同じ人たちなのだからね。
それぞれの深くでかい被害が
それぞれにあるわけですよ。

あなたが生き急いでしまう道理や
理由なんてどこにもない。
あなたには人を感動させる、写真があり
感覚があり、表現があり、

ぞして大事なのだと思っているリアルな
友人がたくさんいるよ。
親方あやかし堂 |  2011.06.28(火) 01:06 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.06.28(火) 06:36 |  |  【編集】

親方 お返事有り難うございます。

「人災」。。。福島の方々、また原発に近い地域の方々の事を思うと、この言葉が思い浮かびます。
津波にも遭い、被曝までする。。こんな悪夢があっていいのでしょうか??

『脱原発』が単なるムーブメントに成り下がってしまう。。。私も怖れている事です。
風の流れ出は既に九州にも届いてます。。
これから日本はどうなの?それが頭の中でぐるぐる回ってます。

今は、私に出来ることをするしかないと自分に言い聞かせてます。

福島の森で、児童心理の専門家の方々が企画したサマーキャンプをあえて支援するのも、これが切っ掛けでまた何か道がひらけ、被爆している子供達を助ける事が出来るのではないかと思ったからです。

国が安全だと言っている間は、避難したくても出来ない人が多いとお察しします。
難しい問題です。
大橋江里子 |  2011.07.01(金) 05:29 | URL |  【編集】

大橋さん、らっしゃいませ~毎度です。

福島の方が全てそうだとは言いませんが
こと、原発にかかわってきて生活してきた方は中々、物申すというわけには
いかないのが現実のようです。それでも被害者にはかわりないのですが。

取材者にはどうしても口を閉ざしてしまいます。
もっとも取材する側にも多々、問題があるのですが、
その方達の情報・現状も中央には伝わっていないので
それを全てひっくるめて「人災」ですね。

>今は、私に出来ることをするしかないと自分に言い聞かせてます。

そのスタンスでいいんじゃないでしょうか。
誰もこの災害救済で、爆発的な効果をあげられる対策はないと思っているはずです。
ならば、多種多岐にわたる救済・支援があっていいとおもいます。

かゆいところに手が届くようなことも
大人数を使って、劇的に非難環境を変化させることも
どちらも支援で救済です。

する側が、変な理屈を持ったり押し付けないかぎり
受けてが困惑することにはならいと思うのですが。
親方あやかし堂 |  2011.07.01(金) 11:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://oyakatanozikan.blog62.fc2.com/tb.php/266-bc5a5a87

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。