FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.21 (Sat)

毎度の親方でござい。

なにかこう実に久しぶりに記事を書いている気がしますが・・・。
ご無沙汰しておりやした(笑)。

桜なんてもうとっくに散ってしまい
何か一番いい時期をヒーヒー言って過ごしてしまうという
もったいないことをしてしまいました。

頭ん中は、春が来まくってましたが(そりゃやばくねーか?)。


それはおいといて・・・。


次の仕事の谷間にですね、少しは精神的にも余裕が欲しいわけです。
もちろん頭にも栄養をね。
こういう時は、ゆっくりと本を読むか
映画を見るのが自分的には一番なんですな。

で、今回は本にしたわけです。
古い書籍を置いてある場所から引っ張り出してきたのは
こいつ。

落語本

『古典落語』 落語協会編 上方落語協会編
角川文庫 昭和50年1月(1975年)初版版
表紙イラスト 和田 誠



変に小難しい本は、今のあっしの脳は求めていないので
お江戸の世界に少しだけ浸りながら
酒とちょいとした肴で心をほぐしていきたいわけです。


この本、少しおもしろい設定がありまして。
収録されている『噺』は古典の王道ばかりなんですが
その噺の題名の下に、誰の語り口で書いてあるのかが
きちんと明記されております。つまり・・・

噺家さんの名前がちゃんと記録されているんです。

『今戸の狐』なんかですと、金原亭 馬生となっている。
落語好きにはちょいとうれしい設定というか配慮ですな(笑)。

この本をぺらぺらやっていくうちに
『あれ、落語本でもこんな設定の本があったような・・?』と。

PCに向かい調べてみます。
ここでアマゾンさんで調べていくのもいいんですが
最近あっしが使っているのはこれなんですな。


ブクコレ

SNSである『ブクレコ』というものです。
ソーシャルネットワーク上で書評や推薦本を共有・記録していく
ソーシャルブックコミュニティーといったところでしょうかね。

友人の感想を聞いたり
また自分の好きなアーティストや作家さんがどんな本を読んでいるのか
またその感想は?といった具合に、より身近に意見が聞けたりするわけです。
もちろんチェックしている自分の本のリストを作ることもできます。

最近自分でもわかるように、こういったSNSを本当によく使うようになってきたなあと。
考えるわけですが、ま、続きはまた次回というわけで
本の中に戻りたいとおもいます、わっはっは。

一つ言えることは、自分にあったよりよい情報をすばやく取り入れるツールは
どれなんだ?と色々齧ってみるのも大事だという発見がありましたな。

やっぱし食わず嫌いはいけないんでやんすね。




 人気ブログランキングへ ←次回はSNSと自分の仕事との関わり合いを・・・書けるかな?
スポンサーサイト
13:27  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ほぇ~~

SNSも使いようですねぇ。
こんな業界のくせに、食わず嫌い気味でございますよ(笑)
いけませんね~

っと、落語!
味のあるイラストがまたいいっすねぇ~~♪
同じ噺でも噺家さんでもまるで違う
なんでなんでしょうね。
ホント不思議

おや?初版?
これまたレアですねぇ~~
こはる日和 |  2012.04.23(月) 22:06 | URL |  【編集】

こはるさん、らっしゃ~い!毎度~!

毎度のコメント、ありがとうございやす~~。
どうもご無沙汰しておりやした。

> SNSも使いようですねぇ。
> こんな業界のくせに、食わず嫌い気味でございますよ(笑)
> いけませんね~

なんとなくバシバシ使ってそうなイメージがありますが
意外とね(笑)。
ただ、自分にあったものは必ず何点かあるとおもいやすよ。

> っと、落語!
> 味のあるイラストがまたいいっすねぇ~~♪

でしょ?和田誠さんのイラストは大好きですよ。
真似してもかなわないっす。

> 同じ噺でも噺家さんでもまるで違う
> なんでなんでしょうね。
> ホント不思議

味でさあね。
それぞれの。十八番も違いますし。
ましてや自分のひいきの噺家ならば、その節回しまで
覚えてしまうというくらいですから。

噺家の数だけ、話があると考えていいなじゃねえですかね。
ああ、寄席行ってこよう。
親方あやかし堂 |  2012.04.23(月) 23:07 | URL |  【編集】

おひさしぶりです~

こんにちは~
おひさしぶりです。ご無沙汰しておりました~

珍しい本ですね。角川からこんなの出てたんですね。
10年以上古本屋をやっていましたがはじめて見ましたよ。
ま、ぼくが読むのはもっぱら漫画ばかりですけどね(笑
嫁も本の虫で古本屋、絵本屋で働いていました。なので二人の蔵書量は半端じゃないです。全部集めると四畳半が天井まで埋まっちゃいます。
オタクカップルなんです~

フェイスブック、ついった。
そろそろウチも。。

いやその前にスマホにしたいです(笑

また遊びにきますね~


ナツイ |  2012.04.27(金) 14:55 | URL |  【編集】

ナツイ店長、ご無沙汰してやす~

毎度のコメント、ありがとうございやす~~。

返事が遅れやした、すいやせん。

確かに角川からこの手の本というのは、珍しいかもです。
どうにも印象が『ハードボイルド』ですからね。あっしの印象ですが(笑)。
CMにやられてますな。

古本屋をやっていたというのは・・初耳かも??
そうだったんですか~。
奥様も本好きとなれば、本の数は半端ないでしょうね。

我が家も現在の家に引っ越す際に、本はかなり処分したんですが
すぐに増えてしまって・・・・あっはっは。

SNSはtwitterにFBをやっていますが、特にFBは本当に使い方次第だなと。
思ってしまいます。ただ、個人経営主さんにはいいツールのような気がしますが
情報管理や運営に気を使うのは確かなようです。

敷居は高くはないので、経験してみるという感覚で
やってみるのもいいと思いますよ。
親方あやかし堂 |  2012.04.30(月) 10:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://oyakatanozikan.blog62.fc2.com/tb.php/312-822c6ee7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。